竹光とは?

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

竹光 (たけみつ)とは、竹を削ったものを刀身にして刀のように見せかけたもののことである。現代では、芝居の小道具として用いられる。また、切れ味の悪い安物の刀を嘲ってこう呼んだりもする。刀工の名前風に言ったもので、「銀紙竹光」(ぎんしたけみつ)などという言い方をすることもある。「竹光」と呼ぶが、実際には竹を素材にすることは少なく、現在市販されている竹光の多くは、樫を削ったものを刀身とすることが多い。なお模造刀や模擬刀は金属の刀身を用いた模造品を指し、竹光は含めない。 平家物語には、刀剣を帯びることが禁じられていた内裏に平忠盛が昇殿した際に、闇討ちを恐れて竹光を持参し周囲を威嚇した話が載せられている。 江戸時代になって平和な世の中になると、生活に困窮した浪人が刀を質入れなどした際に代用されたり、重い刀を常に腰に差しておくことを嫌った武士が代用したりした。 現代ではもっぱらその軽さを殺陣に活かせる為、時代劇の小道具として用いられることが多い。真剣風に見せる場合は、竹光表面に水に溶いた卵白を接着剤として塗りその上から、かつては銀箔、現代ではアルミ箔や錫箔を貼る。


Samurai-Experience

Samurai-Experience

メディア掲載情報

youtubeチャンネル


ブログ

寺子屋ブログ

RSS表示パーツ

豆知識